外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 4日の東京外国為替市場の円相場は、日銀が新たに打ち出した金融緩和策を受けて円売りが一気に強まり、前日終値比で2円以上急落し、約2週間ぶりに1ドル=95円台後半となった。午後5時現在は、前日比2円18銭円安ドル高の1ドル=95円60~61銭。ユーロは2円77銭円安ユーロ高の1ユーロ=122円36~40銭。市場では、緩和策発表後は「意表を突かれ、円売りを急いだ」(外為ディーラー)との声が目立った。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信