外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ロンドン共同】25日のロンドン外国為替市場で、米国の超低金利政策が長期化するとの観測を背景に円が急騰、1月下旬以来、約10カ月ぶりに1ドル=87円台をつけた。急激な円高は輸出企業の業績を悪化させ、日本経済に悪影響を及ぼすことが懸念される。市場関係者の間で88円ちょうどが節目との認識があり、これを超えたことで円買いに拍車が掛かった。一時、87円55銭まで円高が進んだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信