外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 海江田万里経済財政担当相は19日、10月の月例経済報告を関係閣僚会議に提出後に記者会見し、「円高、株安などの要因で景気がさらに下振れするリスクが存在する」と指摘。持ち直しの動きが急激な円高などで断ち切られ、景気後退に転じる恐れに言及した。政府は、財政支出が約5兆500億円となる追加経済対策を盛り込んだ補正予算案を早期成立させて景気浮揚につなげたい構えだ。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信