外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【シドニー共同】週明け14日午前のオセアニア外国為替市場の円相場は、日銀による一層の金融緩和への期待から円を売る動きが強まり、一時1ドル=89円67銭をつけた。2010年6月以来、約2年半ぶりの円安ドル高水準。円は対ユーロでも一時1ユーロ=119円85銭と11年5月以来、約1年8カ月ぶりの円安水準を記録した。シドニーの邦銀筋は「先週の円安の流れが続いている」と話した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信