外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 27日午前の東京外国為替市場の円相場は急伸し、一時1ドル=84円台後半と、1995年7月以来14年4カ月ぶりの円高水準になった。東京株式市場も円高を嫌気して日経平均株価(225種)が大幅続落した。欧州、中東での金融不安が高まったのが背景で、急激な円高が続けば、輸出企業の業績悪化や株価下落に伴う景気腰折れ、輸入物価の下落を通じてデフレが深刻化する懸念が一段と強まることになる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信