外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 11日午前の東京外国為替市場の円相場は、日銀が追加金融緩和に踏み切るとの観測などから円が売られて一時1ドル=89円台前半をつけた。10年6月以来、約2年半ぶりの円安水準で、これを好感して東京株式市場では買いが広がり、日経平均株価(225種)は一時1万800円台を回復、11年2月以来の高値を記録。政府が緊急経済対策を決定したことを受け、為替市場では日銀が追加金融緩和に踏み切るとの見方が強まった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信