外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】31日の外国為替市場の円相場は、日銀の追加金融緩和や日本政府の経済対策への失望に加え、米国経済の先行きへの懸念からニューヨークで急伸し、一時1ドル=83円台をつけた。円相場が24日以来1週間ぶりに83円台に戻り、日本の輸出企業などへの打撃が懸念され、政府、日銀に一段の対策を求める声が強まりそうだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信