外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 行政刷新会議は16日午前、過去の判定などを検証する「再仕分け」で、環境省が子どもや家庭向け教育活動の柱とする「みんなエコクラブ推進事業」を廃止と判定。省内仕分けで廃止の意見が多かった2事業を統合、予算要求を増額する典型的な「焼け太り」だと厳しく批判した。エコクラブの11年度要求額は、前身の「わが家の環境大臣」、「こどもエコクラブ」両事業合計を上回る1億5千万円。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信