外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 人工多能性幹細胞(iPS細胞)などを使い失われた体の機能を回復させる再生医療や、細胞を加工し移植する治療に対し、人体へのリスクに応じて国の承認や届け出などの法的規制を設ける方向で厚生労働省が検討していることが29日、分かった。医療や生命倫理の専門家を含む同省専門委員会で30日に考え方を示して議論し、今国会への法案提出を目指す。治療が自由診療として広がっており、国の関与が重要と判断した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信