ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

再生医療、市場1兆6千億円

 経済産業省は22日、再生医療の産業化に関する有識者研究会に報告書を示し、人工多能性幹細胞(iPS細胞)の活用などで、再生医療の国内市場規模は2012年の260億円から30年に1兆6千億円まで拡大するとの予測を明らかにした。市場の成長見通しを示して、再生医療分野への企業の参入を促すのが狙い。日本の研究はトップレベルだが実用化で欧米と差がつくことを懸念。情報発信や保険制度などが今後の課題としている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。