外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 九州電力は14日、再稼働した川内原発1号機(鹿児島県)で発電と送電を始めた。東京電力福島第1原発事故を教訓に厳格化された新規制基準下で初めて原発の電気が九州の家庭や企業に流れる。九電は他の大手電力に先んじて原発活用に回帰した。国内に原発の電気が流れるのは、政治判断で一時的に稼働した関西電力大飯原発(福井県)が2013年9月に停止して以来、約1年11カ月ぶり。

共同通信