外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ローレル(米メリーランド州)共同】米航空宇宙局(NASA)は14日午後9時ごろ(日本時間15日午前10時ごろ)、冥王星に最接近した無人探査機ニューホライズンズから、初の接近観測が成功したことを知らせる信号が地球に届いたと発表した。今後送られてくる観測データから、謎に包まれた冥王星の姿が明らかになりそうだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信