外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 暖房で電力需要が伸びる冬の節電が、政府の要請で12月1日から始まる。原発の停止と代替電源の不足で西日本を中心に供給力不安を抱え、家庭や企業の取り組みは4カ月間の長期戦。強制力のある「電力使用制限令」が見送られ、省エネ意識がどれだけ定着しているかが成否の鍵を握る。1日には沖縄を除く全国を対象にした節電の呼び掛けがスタート。来年3月30日まで続き、2~3カ月だった夏の節電と比べて期間が長い。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信