外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ロンドン共同】冷戦期に米中央情報局(CIA)のアレン・ダレス長官(当時)が、英スパイ小説「007」シリーズの原作者、イアン・フレミング氏から助言を受け、CIAは実際に007の秘密兵器を開発していた―。英国の研究者が20日までに、機密指定を解かれた文書などからこんな研究結果をまとめた。両氏は互いに尊敬し合う友人で、CIAは作中で好意的に描いてもらうことでイメージ戦略に役立てていたという。

共同通信