外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 出光興産と昭和シェル石油の合併計画に反対している出光の創業家側は3日記者会見し、創業者長男の出光昭介名誉会長が昭和シェル株式の約0・1%に当たる40万株を取得したと明らかにした。経営側が合併に向けて昭和シェル株を取得する際、経営側の想定していない株式公開買い付け(TOB)を実施せざるを得ない状況に追い込み、合併を阻止する狙いだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信