外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 国内最大のツルの越冬地として知られる鹿児島県の出水平野に飛来してきたツル1羽が、鳥インフルエンザに感染していた疑いがあることが21日、分かった。環境省によると、同日までに衰弱したツル2羽が見つかり、後に死んだが、鹿児島大の簡易検査で、うち1羽が陽性だったことが分かった。今後、詳しい検査を行う。出水平野と飛来するツルは、国の特別天然記念物にも指定されている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信