外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 女性1人が生涯に産む子どもの推定人数を示す合計特殊出生率が2012年は1・41となり、前年から0・02ポイント上昇したことが5日、厚生労働省の人口動態統計(概数)で分かった。1・40を上回ったのは1996年以来16年ぶり。ただ、赤ちゃんの出生数は103万7101人(前年比1万3705人減)と過去最少を更新し、少子化が進んだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信