外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 北海道函館市近郊から今年8月に放されたチョウ「アサギマダラ」が、このほど本州最西端の山口県下関市の市立公園・リフレッシュパーク豊浦で捕獲された。2カ月間の飛行距離は実に約1200キロ。チョウは下関から再び放され、さらなる南下の旅路についている。捕獲されたアサギマダラは雌で、羽に「ハコダテ」「8/19」などとマーキングされていた。アサギマダラは日本本土や台湾などに生息する。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信