ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

分煙求め解雇は不当

 試用期間中に受動喫煙で体調を崩した男性(35)=東京都=が、勤務先の社長にベランダでの喫煙を求めた後に解雇されたのは不当として、解雇無効などを求めた訴訟で、東京地裁が会社側に解雇無効と未払い賃金475万円を支払うよう命じる判決を言い渡していたことが16日、分かった。弁護士によると、判決は8月23日付で、9月27日に会社側が控訴を取り下げ確定した。男性は既に退職し、別の会社で働いている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。