外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 懲役や禁錮刑の一部を執行した後に残りの刑期を猶予する「一部執行猶予制度」創設を盛り込んだ改正刑法など関連法は13日の衆院本会議で、全会一致により可決、成立した。薬物使用や初めて実刑を科された受刑者を対象とし、猶予期間中に社会での更生を図ることで、再犯防止を狙う。参院先議で、5日に通過していた。新制度は、3年以下の懲役・禁錮の判決のうち、裁判所の判断で刑の一部の執行を1~5年の範囲で猶予する。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信