外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 気象庁は27日、台風や前線の影響により、東日本と西日本で9月中旬から記録的な日照不足が続いていると発表した。少ない地域で平年の4分の1ほどしかなく、今後、10日間程度は続く見通し。気象庁は農作物の管理などに注意を呼び掛けた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信