外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日本列島は18日、北海道や九州南部を除く広い範囲で夏空が広がり、各地で最高気温が35度以上の「猛暑日」となった。全国で最も気温が高かったのは群馬県の館林で、午後3時すぎに36・3度まで上昇し、関東甲信地方で今年初めて猛暑日を記録した。気象庁によると、本州を中心に高気圧に覆われ、晴れ間が広がった。19日も全国的に気温の上昇が予想され、気象庁は熱中症に注意するよう呼び掛けている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信