外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日本列島は6日、南から暖かい空気が流れ込んだため広い範囲で気温が上がり、全国の300地点以上で真夏日となった。北陸地方などでは35度を超える猛暑日となった。気象庁は6日、関東甲信地方が平年より15日早く梅雨明けしたとみられると発表。関東甲信や東北など各地に「高温注意情報」を出して、小まめに水分を補給したり、冷房を適切に使ったりして熱中症に注意するよう呼び掛けた。

共同通信