外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 九州電力は5日、佐賀県玄海町の玄海原発3号機(加圧水型軽水炉、118万キロワット)の原子炉を起動し、運転を再開する。同日深夜にもウラン燃料とプルトニウム・ウラン混合酸化物燃料の核分裂が連続的に起こる臨界に到達させ、国内初となるプルサーマルが事実上スタート。国策「核燃料サイクル」の実現に向け、九電は最後の一歩を踏み出した。九電は9日に発電を開始し、その後、段階的に出力を上げ、調整運転に入る。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信