外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ハバロフスク共同】北海道広尾町のサケ・マス流し網漁船「第10邦晃丸」がロシア国境警備当局に拿捕された問題に関連し、極東サハリンの国境警備局当局者は19日、タス通信に対し、ロシアの排他的経済水域(EEZ)内で操業していた別の2隻の日本漁船にも操業記録の不備が見つかり、行政上の責任を問うたと述べた。罰金などを指すとみられる。

共同通信