外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 8月の世界選手権(モスクワ)の代表選考会を兼ねた別府大分毎日マラソンは3日、大分市高崎山うみたまご前から大分市営陸上競技場までのコースで行われ、公務員ランナーの川内優輝(埼玉県庁)が2時間8分15秒の大会新記録で優勝した。終盤まで川内とトップ争いを演じたロンドン五輪6位の中本健太郎(安川電機)が20秒差の2位。ともに自己記録を更新した川内と中本は、世界選手権代表の有力候補となった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信