外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ミスラタ(リビア西部)共同】リビアの反カダフィ派「国民評議会」のアブドルジャリル議長は23日、北東部ベンガジでの式典でリビア全土の「解放」を宣言、「シャリア(イスラム法)が法の基本となる」と演説した。銀行の利子を原則禁止し、妻を4人まで持つことを容認するなど「新生リビア」ではイスラム教に沿った法を施行すると表明した。一方、暫定政府の閣僚ポスト調整が本格化。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信