ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

制裁緩和の是非、本格交渉へ

 【ジュネーブ共同】米政府高官は16日、欧米など6カ国とイランの協議終了後、イランが核兵器疑惑解消に向けて取るべき具体的な措置について「かつてなく詳細で率直な会話ができた」と述べ、見返りとしてどのような制裁緩和が可能か本格的な交渉に応じる考えを表明した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。