【ニューヨーク共同】北朝鮮の人権問題を担当する国連のキンタナ特別報告者は27日、ニューヨークの国連本部で記者会見し、核・ミサイル開発を理由に安全保障理事会が北朝鮮に制裁を科しているため市民生活に悪影響が出ており、薬や車椅子が不足しているという情報があると指摘した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

公式アカウントはじめました

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。