外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 オリンパスの巨額損失隠し事件で、粉飾決算に関わったとして金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)罪などに問われた前会長菊川剛被告(72)に東京地裁(斉藤啓昭裁判長)は3日、懲役3年、執行猶予5年(求刑懲役5年)の判決を言い渡した。同罪などに問われた元常勤監査役山田秀雄被告(68)は懲役3年、執行猶予5年(求刑懲役4年6月)、元副社長森久志被告(56)は懲役2年6月、執行猶予4年(求刑懲役4年)。

共同通信