外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 大王製紙の井川意高前会長(47)が子会社から総額80億円超の資金を借り入れ辞任した問題で、東京地検特捜部が関係先から聴取を始めるなど捜査に着手したことが16日、関係者への取材で分かった。同社は問題発覚後、外部の弁護士らでつくる特別調査委員会を設置し、事実関係を調査中。会社法の特別背任容疑での告訴を検討しており、特捜部は告訴を受け次第、本格捜査に乗り出すとみられる。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信