外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】パネッタ前米国防長官が7日発売の回想録でオバマ大統領の中東政策を厳しく批判した。前任のゲーツ氏に続いて国防トップ経験者が2代続けて在任中の不満を著書につづった。既に職を退いたとはいえ、政権の屋台骨を支えた2人の批判は、オバマ氏の求心力が低下している傍証との見方もできそうだ。

共同通信