外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 カジノでの借金を返済するため、子会社7社から55億3千万円を借り入れて損害を与えたとして会社法の特別背任罪に問われた前大王製紙会長井川意高被告の判決で、東京地裁は10日、「支配的地位や権限を乱用し、自分への信頼を逆手に取った犯行は悪質」として懲役4年を言い渡した。弁護人は即日控訴。公判で弁護側は刑の執行猶予を求めたが、堀田裁判長は「被害結果に変わりなく、全てが消し去られるわけではない」と退けた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信