外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 群馬県渋川市の老人施設「たまゆら」で09年、入所者10人が死亡した火災で、前橋地裁は18日、施設を運営し業務上過失致死罪に問われたNPO法人(解散)の元理事長高桑五郎被告(88)に禁錮2年、執行猶予4年、元理事久保トミ子被告(76)に無罪の判決を言い渡した。半田靖史裁判長は判決理由で高桑被告について「たばこを原因とする火災発生の予見可能性があった」とした上で「放火の可能性は低い」と判断。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信