外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府の再就職等監視委員会は26日、宿利正史前国土交通事務次官が、同省所管の財団法人に常務理事のポストが空くかどうか問い合わせる口利き行為をしたと認定し、国家公務員法違反に当たるとして国交省へ通知した。委員会による違法行為の認定と府省庁への通知は初めてという。監視委の羽柴駿委員長は「職員の再就職規制に対する認識の甘さがあったのではないか。国民の信頼を大きく揺るがす」との談話を発表。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信