外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 尼崎JR脱線事故で、業務上過失致死傷罪に問われたJR西日本の前社長山崎正夫被告の初公判は21日午後も神戸地裁で続き、検察側は山崎前社長が06年3月、内部の事故調査結果について「警察などが知らない情報もあるので外に出すときは慎重に」などと情報管理の徹底を指示していたと指摘した。山崎前社長は閉廷後、弁護人を通じ「裁判には誠実に対応していきたい」とのメッセージを発表した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信