外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 停滞する梅雨前線の影響で13日、西日本から東日本の広範囲で大雨となり、九州北部を中心に記録的雨量となった。西・東日本は14日にかけて、引き続き局地的に1時間に40ミリ前後の激しい雨が降る恐れがあり、気象庁は警戒を呼び掛けた。佐賀県の伊万里では1時間に64・0ミリと、7月としては観測史上最多雨量を記録。14日夕までに予想される雨量は、多い所で九州北部250ミリ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信