外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 前線の活動が活発になり、30日は列島の日本海側を中心に激しい雨が降った。西日本(近畿、中四国、九州)は31日にかけて、北日本(北海道、東北)と東日本(関東甲信、北陸、東海)は9月1日にかけても大雨の恐れがあり、気象庁は警戒を呼び掛けた。気象庁によると、30日は石川県輪島市で1時間に73・5ミリ、福岡市で72・5ミリ、熊本市で64・0ミリの非常に激しい雨を観測した。

共同通信