外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ベルリン共同】フランス南部のドイツ旅客機墜落で、ドイツ西部デュッセルドルフの検察は30日、機体を故意に墜落させた疑いが強まっているアンドレアス・ルビッツ副操縦士(27)が、過去に自殺傾向があったため、精神治療を受けていたと発表した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信