外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 「上海バンスキング」などの作品で知られる劇作家で、劇場「座・高円寺」館長の斎藤憐(さいとう・れん、本名安彦憐=あびこ・れん)さんが12日午前9時6分、食道腫瘍による肺炎のため東京都杉並区の自宅で死去。70歳。平壌生まれ。葬儀・告別式は近親者のみで行う。1966年に俳優座養成所を卒業後、串田和美さんらと劇団「自由劇場」を結成。80年に「上海バンスキング」で岸田国士戯曲賞を受賞。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信