外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソルトレークシティー共同】スピードスケートの世界スプリント選手権は26日、米ソルトレークシティーで開幕し、男子500メートルで加藤条治が34秒21の日本新記録で1位を獲得した。従来の記録は2009年に及川佑が出した34秒27。大会は27日まで行われ、500メートルと1000メートルを2回ずつ滑って総合成績を争う。加藤の初日の総合成績は26位。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信