外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 将棋の現役最高齢記録を持ち、長くトップ棋士として活躍してきた加藤一二三・九段(77)が19日、第75期名人戦順位戦のC級2組から陥落、規定により現役を引退することが決まった。残る公式戦を全て消化した時点で引退となる。

共同通信