外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソルトレークシティー共同】スピードスケートの世界スプリント選手権最終日は27日、米ソルトレークシティーで行われ、男子500メートルで加藤条治(日本電産サンキョー)は日本記録に0秒08届かなかったが、34秒29で連日の1位となった。総合は500メートルで34秒62の8位だった羽賀亮平(日本電産サンキョー)が138・655点で20位。加藤は22位。女子は住吉都(堀技研工業)が150・680点で総合13位。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信