外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ラスベガス共同=浜口健】米西部ラスベガスの銃乱射事件で、地元警察は3日、自殺したスティーブン・パドック容疑者(64)の交際女性がフィリピンに滞在しており、動機など重要な情報を持っている可能性があるとして当局が既に接触していると明らかにした。米メディアは、容疑者が事件前、フィリピンに10万ドル(約1100万円)を送金していたと報道したが、具体的な送金先は不明。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信