ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

動物の体内で人の臓器作り容認

 政府の総合科学技術会議の生命倫理専門調査会は18日、動物の受精卵(胚)に人の細胞を混ぜた「動物性集合胚」を動物の子宮に移植して、動物の体の中で人の臓器を作る研究を大筋で容認した。混ぜる人の細胞には、さまざまな組織になる人工多能性幹細胞(iPS細胞)などを使う。体の失った機能を回復させる再生医療では立体的な臓器を作る技術も必要とされ、動物の体を借りる方法は、その一つになり得るとして研究が進んでいる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。