外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 京都府警中京署の30代の男性巡査部長が昨年11月、勤務時間外に1人で訪れた京都市内の飲食店で、必要もないのに店員に警察手帳を示したとして、内部処分されていたことが8日、府警監察官室への取材で分かった。巡査部長は店員の接客態度などが気に入らなかったとし「酔った勢いで驚かせようと思った」と釈明しているという。警察手帳は勤務時間外は鍵の付いた警察署のロッカーなどで保管することになっているという。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信