外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 茨城県取手市のJR取手駅前でバスの中高生ら14人が切りつけられ負傷した事件で、殺人未遂の疑いで逮捕された斎藤勇太容疑者(27)が、包丁に貼った粘着テープは「折れないようにするためだった」と供述していることが20日、捜査関係者への取材で分かった。県警は、不特定多数を駅前で襲う計画を実行するため、包丁に細工して強度を高めようとしたとみて、経緯などを調べている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信