外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ベルリン共同】8日付のドイツ大衆紙ビルト日曜版は、シリアのアサド政権の指揮官らが数カ月前からアサド大統領に対し、化学兵器の使用を許可するよう求めていたと報じた。ドイツの情報機関の話として伝えた。ただ、その都度、使用は拒否されたといい、大統領の了承を得ないまま、現場レベルの判断で化学兵器が使われた可能性があると指摘した。ビルトによるとドイツの偵察艦船が、アサド政権側の無線を傍受していたという。

共同通信