外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【モスクワ、ロンドン共同】ロシアのラブロフ外相は9日、緊急声明を出し、シリアのアサド政権保有の化学兵器を国際管理するよう提案した。タス通信によると、モスクワを訪問中のシリアのムアレム外相は同日、提案を「歓迎する」と述べた。これに先立ち米国のケリー国務長官は同日、シリア攻撃方針を見直す条件に「化学兵器を国際社会に引き渡す」ことを挙げた。これにより、シリア攻撃は回避に向けて動きだす可能性が出てきた。

共同通信