外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日本相撲協会で史上初の理事長再登板が確実になった北の湖親方(58)=元横綱、本名小畑敏満=が26日、30日に行われる理事選挙への立候補を届け出た。北の湖親方は所属する出羽海一門の協力で理事の当選ラインとなる10票前後を確保しているとみられ、選挙後に開かれる新理事会で理事長に推される見通し。現職の放駒理事長は次の任期中の来年2月に65歳の定年を迎えるため、今回の役員改選に伴って退任する。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信